Chrome37~38辺りでEmulationツールが進化する話

Chromeのエミュレータって結構便利。

Chromeのエミュレータ

Chromeのデバイスエミュレート、オーバーライドモード、便利だけどこれまでもバージョンアップ毎に大幅に仕様が変わったりして苦い思い出がある人もいるかもしれない。QiitaでもChrome – PCでタッチでバイスを再現する – Qiitaみたいに行方を見失ってしまった人やそれを解説している記事を多数見てきた。(またこのネタかよってぐらいw)

そんなDevtoolのエミュレート辺りが、Chrome37か38ぐらいでまた大きく変わってStableリリースされると思われてる。

こんな感じに。

スクリーンショット (363)

特徴を書き込んでみると…

スクリーンショット (363)_

使い勝手が大きく変わりますね。よくなってる。

ん?これどっかで見覚えあるような…

ff-deb-ss

Firefox、お前か!

でもこれ明らかにChromeのほうが高機能なんだよな…

使える点

従来Chromeがサポートしてきたエミュレーションに加え、通信速度制限とかついてるんですね。低速回線の疑似テスト。

あとカスタムプロファイルも保存できるようになってるっぽいですね。


公式の記事

2014/09/08,Chromium公式ブログにて紹介されていたようです。

https://plus.google.com/102860501900098846931/posts/Vh3NVGCLXfC

http://blog.chromium.org/2014/09/responsive-web-design-with-devtools.html

そういやI/Oでも言ってましたねw(リアルタイムでみてた)

Advertisements

コメントを残す