git-credential-wincredのユーザー名やパスワードを変える

怒られた

GitをWindowsで使うとき、httpsのパスワードを記憶させるのにgit-credential-wincredって言うのがある。Windowsの資格情報としてパスワードを保存する、セキュアで楽で速いツール。GitHubのヘルプにもある

先日、GitHubのユーザー名を変えたが、そのままこれを使ってpushしようとすると

って怒られた。ユーザー名変わってるし当たり前なんだけど何回やってもでるし変え方が分からなかった。

調べてみたらcodeplexのFAQにどこに保存してあるの?って書いてあった。

Windowsの資格情報なので資格情報マネージャーから変えれた。
コントロールパネル→ユーザーアカウント→資格情報の管理→Windows 資格情報

ss+(2015-03-08+at+02.56.27)

汎用資格情報に例えばGitHubならgit:https://github.comってのがあるので現在のユーザー名とパスワードにしてやればおk。ちなみに2FA(二段階認証)を利用している場合はこのユーザー名にトークン、パスワードを空にしておけばたぶん大丈夫。

結局Macの時(keychain)と同じような設定変更でした。以上。

ユーザー名変更編は続きます。多分。

Advertisements

コメントを残す