Twitter でブロック一覧をDB化してどれだけの人にブロックされているかを可視化する「ぶろるっく」が私の中で話題に

タイトルを長くしすぎた……

近頃、ぶろるっくのようなものを装ったスパムアプリが多く見られますが、この記事で紹介しているぶろるっくは本物です。(悪意のあるスパムではありません。)

ぶろるっくを騙ったアプリについて、詳しくは注意が必要なTwitterアプリをご覧ください。

 

2/19あたりから Twitter のTL上で

わたしはX人からブロックされています(サンプルYYY人)

といったツイートを見かけるようになりました。

まあ文面から分かるかもしれませんが……どれくらいの人からブロックされているかを可視化するツールですね。ぶろるっく(blolook)といふサービスです。

スクリーンショット 2016-02-20 0.11.28

TwitterのAPIの仕様上(というか常識的に考えて)、「誰からブロックされているか」を直接取得することは出来ないので、登録されているアカウントのブロック一覧をDB化し、そのうち何人から自分がブロックされているかが分かる、と言った単純な仕組みですね。もちろん誰が誰をブロックしているかは公開されませんし、登録していない(=一度も利用していない)ユーザーのブロックはカウントできません。

「ブロックリストを共有してブロックする」みたいなイヤ〜な企ても過去にあった気がしますが、どれくらいにブロックされてるかを調べれるのって過去になかったのかな……

このぶろるっく、1月から(?)稼働してたらしいけど、今日一気に登録数が5000以上増えた模様。Σ(゚Д゚)スゲェ!!

私が見つけた時は1300ぐらいでした……

爆発的に広がったぽよ……

ちなみにTwitterの国内ユーザーは3500万人ほど、とのことなので 1 / 6000 程が登録した、ってことになりますね。(そうなの?)

ところで作者は上のツイートの@osapon氏。友利奈緒アドベントカレンダーの26日目で Charlotte キャラの Mii を公開していた 友利奈緒方でした。

ちなみに、多くのユーザーのブロックリストを元に集計を取っているのでレコメンドも有能。

スクリーンショット 2016-02-20 0.11.21

レコメンドに出てくるようなアカウントに試してもらって欲しいですねw()

なお、このエントリーを書いてる間にサンプル数は2500ほど増えました。すごい。

Advertisements

コメントを残す