丸亀製麺アプリのクーポン等々リニューアルに寄せて

今日、2017年12月12日より丸亀製麺公式アプリがリニューアルしました。既にストアから更新可能になっている模様です。

従来のクーポン

さて、従来の丸亀製麺公式アプリですが、丸亀製麺のレシートに印字されたQRコードをアプリで読み込むとすぐに次回以降利用できるクーポンが獲得できました。

クーポンの相場ですがだいたい天ぷら50円引きとか温泉たまご(¥60)サービスとかです。うどんの注文数によって獲得できるクーポンの数が変わったりするわけではなく、多くても少なくても1このクーポンが獲得できました。

このクーポン(ほかにも期間商品とか天ぷらとかのクーポンが付与されることもありますが)の利用は会計毎に1端末1つまで、アプリを開いた状態で(クーポン番号が出るので)レジで見せる、みたいな感じでした。

クーポンは開封からの時間制限で(もちろん期限出てるんだけど)スクショ不可とかいうまあ面倒な仕様ではありました。でも多分この部分は変わらない気がする。

新しいクーポン

主な変更点として

  • クーポンの利用が画面(に表示されるQRコード)をカードリーダー(多分以下みたいなやつ)にかざして利用するように1
  • 利用によるクーポン獲得がスタンプ10個ごとに1つに

クーポン利用上の注意を読む限りクーポン利用における制限はほとんど変わっていないようです。

開封したクーポン(かざしたクーポン)は翌日になくなる、とのことなのでQRコードはユニークなものではなくクーポン番号が入っているだけでは……

で、今回重要なのはスタンプです。

スタンプも、

  • 獲得日の翌日に反映(すぐには状態がわからない?)
  • 多分1会計につき1スタンプ

って感じなのでこの時点でしっくりこない……

(あとクーポン利用した際にも自動でつくっぽいのでやっぱりユニークなQRか?)

そしてスタンプあつめて交換できるものというのが

来店スタンプ10こでやっとかしわ天(¥140)無料

そんだけ集めてたったの140円分かい!!!

現状どうみても期待はずれのようですが果たしてほんとに期待はずれなアップデートなんでしょうか。楽になるのは見にくいスマホの画面をわざわざ頑張って覗き込む必要のある店員くらい……

追記 スタンプは単なる追加要素であってレシートスキャンによるクーポン獲得は従来通り利用できるそうです。よかった!!それなら納得です。

ただでさえ集まりにくくてめんどうなうどん札という存在がありながらさらに面倒なものがやってきた感があります……まあ従来のクーポンもよく期限切れさせてはいたんだけど。(それほど頻繁に行かないので使えない上にたまらなくなるのは……)

まあ公式アプリで使えるクーポンはマクドみたいに期間内なら何度でも使えておサイフケータイで済ませられるくらいがほんと便利なんですがね……

その他の変化

大型アップデートと大してるので色々変化はありますね。

アイコンが変わった

Android版アプリのアイコンは丸くなりました。でもRound IconだとかAdaptive Iconだとかいうわけではなさそう。する意味あった?

画面構成が変わった

メニューから各ページから一新されました。まあぬるぬるはいいんだけどね。

クーポンの一覧性が下がった

クーポンが縦に並ぶようになりました。

以前みたいに持ってるクーポンが横並びで出てくれないのでどんなクーポンを持ってるかがひと目で眺められない。ほんでもってクーポンのカードがでかくて画面の7割くらいを持っていってしまってる……

うーんやっぱりどこかとと残念……まあ難しいよな……


とりあえず上記は配信開始時点での未利用での雑感です。実際に開始して事実にそぐわないような点が発覚したら随時編集予定です。情報があればコメントからどうぞ。

更新履歴

2017/12/12: スタンプはただの追加要素だったようなので追記。従来のレシートクーポンは引き続き利用できるようです。


  1. おそらくQRコードだめでも従来通り見せれば使えるはず。特に私のスマホは(今は大丈夫ですが)一時期バーコードリーダーで読み取れないことがよくあったのですがそういうことは珍しくない……というか結局そっちの方が楽なのでは…… 
Advertisements

コメントを残す